よしカフェ

健康的に、楽しく生きるための方法をお伝えしていくブログです!

外に出よう、太陽の光を浴びて歩こう

f:id:yoshi_the_primary:20171025143958j:plain

どうも、よっしー(@yoshi2primary)です。

 

さて、今日のテーマは「歩く」

 

「歩く」

 

食べるとか、寝るとか

人間にとって大事なこと、いくつかありますよね。

 

僕はこの「歩く」ということが

人にとって一番大事なのではないかと思っています。

 

僕は五年ほど前まで、うつ病を抱えたひきこもりでした。

ひきこもりといっても

 

「一歩も部屋から出ねえ!」

 

ってほどではありませんでしたが

まあ毎日外出することもありませんでした。

 

カフェイン摂取してお菓子カップラーメンを食べてゲームをし

寝ようと思ったら大量の睡眠薬を服用して眠る。

そんな生活でした。

 

当然昼夜は逆転し心も体もボロボロでした。

 

あるとき

「このままじゃやばい!」

と思い、一念発起。

 

朝同じ時間に起き、バランスのいい食事

適度な運動、夜は早めの就寝。

 

そして今現在、睡眠薬も不要でそれなりに眠れるようになり

心身共に健康で楽しい生活を送れるようになりました。

 

 

そこで過去と現在の自分を比べてみると

一つだけ変化したことがあります。

それは

 

外に出る(歩く)ようになった

 

ここですね。

引きこもっても食事はとってたし(内容はともかく)

睡眠もそれなりにとっていたわけです(睡眠薬をがぶがぶ飲んでましたが)

 

つまり歩くことがやっぱり自分の健康において大切なのではないのかなあと

そう思うようになりました。

 

歩くには、外に出る必要がありますね。

 

かつての僕は引きこもりを解消するため

朝5時30分に起きて、1時間のウォーキングをしていました。

 

外に出ると、太陽の光を浴びることになります。

太陽の光を浴びると

 

メラトニン

 

という脳内物質が、出にくくなります。

そうすると体が、今日一日活動するための準備を始めます。

 

そしてそこから15~16時間後(僕の場合だと20時から21時くらい)

メラトニンがたくさん出て、体が眠るための準備を始めます。

 

つまり朝のウォーキングは、体も鍛えられるし

体内時計、生活リズムを整えるのにも適しているし

朝の澄んだ空気を吸い込みながら歩くのは気持ちいいしで

いいことずくめってことです。

 

1時間も歩く必要はないです。

まず10分でいい、それができなければ5分でもいい

歩けれなければ外に出て太陽の光を浴びるだけでもいい

 

ぜひ、毎日の習慣にしていただけるといいのではないでしょうか。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。