よしカフェ

健康的に、楽しく生きるための方法をお伝えしていくブログです!

ガムを噛んで、うつを改善

,f:id:yoshi_the_primary:20171124083929j:plain

どうも、よっしー(@yoshi2primary)です。

 

昨日、何気なくガムを買って噛んでたんですが

 

「そういえば "うつ" がひどかったとき、ガムがいいよって言われてよく食べてたなあ」

 

ということを思い出したので

今日、改めて記事にしてみることにしました。

 

大事なセロトニン

 

うつ病の方は「前頭前野(ぜんとうぜんや)」と呼ばれる脳の一部の機能が低下していることが多いそうです。

前頭前野というのは

 

「セロトニン」という心身を安定させるための「脳内物質、脳内ホルモン」を出す

という重要な役割を担っている部分です。

 

セロトニンは、人が元気に過ごすためには必要不可欠なものなんです。

 

ところが、生活習慣が乱れると

大事な、セロトニンという物質が、出にくくなってしまいます。

たとえば

 

「カップラーメンばかり食べる」

「昼夜逆転した生活」

 

とかですね。

 

そういう生活が続くことで

「うつ病」

になってしまうわけです。

 

僕も昼夜逆転してた時期がありますけど

ほんとにつらかった。

 

セロトニンを、増やそう

 

そこで、セロトニンを増やすために有効なのが

「ガムをかむこと」なのです。

 

ちなみに僕が好きなガムはこれ。以前は箱買いするほど好きでした。

シュワっとして、かみごたえもあっておいしいです。

 

クラシエ スーパーソーダガム 5粒×15個

クラシエ スーパーソーダガム 5粒×15個

 

 

 

ちなみに、ガムでなくてもいいのですが

ガムはとにかく何度も噛み続けなければいけないので

手軽に、顎を動かすことができるところがいいですね。

 

顎の筋肉を使うことで、脳の血流がよくなります。

 

すると、脳の働きが活発になり

うつ病にも効果が出てきます。

 

ガムだけでは、難しいけれども

 

さて「ガムがいいよ!」とは書いたものの、当然のことながら

 

「ガムをかむだけでは、うつ病は治りません」

 

生活リズム、食事…

その他いろんな生活習慣を、改善させなければいけません。

 

毎日同じ時間に起きて、寝てみるとか

 

 

 毎日外に出て散歩してみるとか

 

そういったことも、うつ病改善には必要不可欠です。

 

逆に言うと、それを心がけていれば

うつ症状は、自然におさまってきます。

 

なぜなら、自分がそうだったからです。

 

いまだに不眠などで、しんどい日もありますが

数年前のピーク時に比べたら

うつ症状は格段によくなってきています。

 

「食事、運動、生活リズム」

 

ほんっとに、大事です。これら三つは。

 

うつ病とまではいかなくても

「最近しんどいな、眠れない日があったりして、疲れが取れないな…」

 

なんていう方がいらっしゃいましたら

ガムをゆっくりかんでみる時間を持つ、というのはいかがでしょうか?

 

ぜひ、毎日の習慣に取り入れてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。